株式会社Laugh Life(ラフライフ)

【東屋】川越で老舗のうなぎ屋に行くならここ!!

LINEで送る
Pocket

 

うなぎの名店!!!

川越市に数多くひしめき合っているうなぎ屋。激戦区でもある川越。

その中でもメディアで度々紹介される「東屋」に注目☆

本川越駅から歩いて10分~15分程。

成田山川越別院と喜多院のちょうど真ん中にあります。

 

 

 

 

 

東屋とは・・・?

創業は1868年(明治元年)。昭和初期に現在のお店に場所を移しました。

現在の店主は5代目として11年前からされているそうです。

店先は老舗旅館のような雰囲気。築90年。

板張りの廊下を進んで行くとそれぞれ座敷に案内されます。

東屋のうなぎは脂を落とすため、炭火で白焼きにしたうなぎに創業当時から注ぎ足されたタレを使用しています。

タレの特徴はキリっと甘みが少なく、さっぱりとしています。(あくまでも個人の感想です)

 

 

 

川越でなぜ鰻?(一口メモ)

江戸時代の豚や牛の禁食文化によって、川越の民衆はタンパク源をウナギによって得た。

川越周辺は河川が多く川魚はとても身近な存在。

当時の河川は水流がキレイで天然がよく採れたため、その名残りで川越名物となった。

 

 

 

 

 

 

 

東屋のメニュー

 

 

 

シンプルなメニュー表記。

うな重をはじめ白焼きや珍しいどじょうやなまず料理もあります。

夏季限定、冬季限定もあるので季節によって楽しめます。

値段の違いは鰻の大きさによって変わるようです。

ごはんが大盛り無料なので量が欲しい方にはいいですね!

 

 

 

 

 

注文したもの

 

うな重(香の物と肝吸いつき)

甘みが抑えられたあっさりした味付け

食べ進めてもあっさり

 

 

 

 

 

 

 

うざく

うなぎの酢の物。シンプルな味付けでさっぱり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上白焼き(大)

わさびと醤油をつけて。ふわっと食感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳川鍋(大)

どじょう自体には臭みがなくぷるぷる食感

ごぼうも入った卵とじ。

 

 

 

 

 

 

店内の様子

お店を入るとどこか懐かしい感じ

 

 

 

趣のある板張りの廊下を進んだ一番奥の部屋に案内されました。

 

 

 

 

 

部屋は個室になっていて掘りごたつもあります。

とても落ち着く空間でした。

部屋から中庭が見えます。

 

 

 

 

掘りごたつになっているので足の悪い方でも大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

 

東屋店舗データ

〒350-0035

埼玉県川越市西小仙波町1丁目16-1

TEL:049-222-0507

営業時間:11:30~15:00(L.O14:00)

     17:30~21:00(L.O19:30)

定休日:木曜日

最寄り駅:西武新宿線 本川越駅

 

 

 

週末は予約必須!!

週末は予約必須ですが、平日も予約して行った方が無難です。

落ち着いた空間で食事をすることができるので家族連れや会食にも良さそうです♪

お店によってうなぎの味が全違うので食べ比べするのも良いですね!

味だけでなくお店の雰囲気も堪能できますよ。

ぜひ特別な日に、、、。

川越でどこのうなぎ屋さんに行くか迷ったら、、、東屋に決まりです☆

 

この記事を書いた人

Y.H

コーヒースタンドやカフェ巡りが趣味です。今話題のスポットなどお届けできればと思います♪

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

川越市でテナント物件をお探しなら川越専門の不動産会社「Laugh Life」へ

問い合わせる 問い合わせる arrow_right
PAGE TOP